まるで砂上のランエボ、三菱「Mi-TECH(マイテック)コンセプト」発表!ガソリンのほか軽油、灯油、アルコールも燃料にできるガスタービンPHEV

| その機能もスゴいがデザインもスゴい | 三菱が東京モーターショーにて、「Mi-TECH CONCEPT(マイテック・コンセプト)」発表。マイテック・コンセプトのキーワードは「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SU

レクサスLF-30エレクトリファイド発表!2030年のレクサスをイメージした、「ガソリン車では不可能なレベルに達した」高級EV

| なおスピンドルグリルは立体化し、もはやボディの一部に | レクサスが、先日よりティーザーキャンペーンを展開していた新型コンセプトカー「LF-30 Elictrified(エレクトリファイド)」を公開。これにあわせて、

新型ホンダ・フィット発表!”全ての車をひとつに”のコピー通り、「安価」「高級」「リラックス」「スポーティ」「アクティブ」、5つの個性が揃う

| ホンダは見た目よりも実用性を重視したフルモデルチェンジを選んだようだ | ホンダが待望の新型フィットを東京モーターショー2019にて発表。新型フィットのグレードには「CROSSTAR」「NESS」「LUXE」「HOM

ニッサンが「GT-R譲りのアテーサE-TS」を搭載するコンセプトカー”アリア”を公開。デザイン、技術ともにこれからの日産を示唆

| エレクトリック時代のGT-Rもアリア同様のシステムを搭載か | 日産が第46回東京モーターショーに展示するコンセプトカーとして「ニッサン アリア コンセプト」を発表。ツインモーターを搭載するピュアEVとなりますが、画

TOYOタイヤがSEMAに”ワイドボディ”スープラはじめランエボ等5台のチューンドカーを出展。ポルシェ911はオフロード仕様にコンバート

| TOYOタイヤはアメリカ西海岸では圧倒的な人気を誇るようだ | ラスベガスにて開催されるカスタムパーツとチューンドカーの祭典、SEMAが開催間近。そこでTOYOタイヤが会場に展示するラインアップを公開しています。 な

アブダビより1000万円超を投入したロールスロイス・カリナンのカスタム!オリジナルカラー「タスカン・サン」の内外装を見てみよう

| カリナンの純正カスタム需要はロールスロイスを大きく潤わせる | ロールスロイス・アブダビが「タスカン・サン」と命名されたボディカラーを持つカリナンのカスタム仕様を公開。ロールスロイス・アブダビは「BMWアブダビ」と同

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。 現行レヴォーグは「全車タ

新型ホンダ・フィットの画像・仕様がリーク!”全ての車をひとつに”のコピー通り、「安価」「高級」「スポーティ」「アクティブ」が揃う

| ホンダは見た目よりも実用性を重視したモデルチェンジを選んだようだ | 東京モーターショーでの正式発表を前に、新型ホンダ・フィットの画像そして情報がリーク。これを信じるとするならば、新型フィットには「CROSSTAR」

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとし

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円