【動画】富豪がマクラーレン・セナのオプションを紹介する。「ドリンクボトルは78万円、サイドのナンバー左右だけで340万円」、総額では2800万円

| ただし車両価格に占める割合だと30%以下 | 先日、カスタムメイドのマクラーレン・セナが納車されたマニー・コシュビン氏。アメリカの起業家にして富豪ですが、今回も引き続きマクラーレン・セナを紹介しています。 マクラーレ

南アフリカで発見された「幻のMカー」、530 MLE。もう二度と見つからないと思われていたものの、当事と同じスペックとカラーにレストアされて公開に

| 幻のクルマだけに当事の記録がなく、レストアにあたっては当事のメカニックを再招集 | 昨年、BMW南アフリカが「希少な530 MLEが発見され、レストアを開始する」と発表したのは記憶にあたらしいところ。 この530 M

フェラーリSF90ストラダーレのエアロダイナミクス、パワートレイン、クーリングはこうなっている。F1由来の技術を見てみよう

| フェラーリ”SF90ストラダーレ”の名の通り、モータースポーツと密接に結びついた技術を持っている | さて、発表されたばかりのフェラーリSF90ストラダーレ。その詳細がフェラーリ公式サイトにも登場し、ここでも紹介して

まさかの謎コラボ!トヨタ「スープラ」とコイケヤ「スコーン」とが”Twitter上の偶然”から共同戦線を張ることに

| きっかけは些細なタイプミスだった | 新型スープラを発売したばかりのトヨタ、そしてポテトチップスで有名な湖池屋(コイケヤ)とがコラボレーションを行う、と発表。 どう考えても両者との接点はなさそうに見えますが、今回のコ

かなり珍しいリコール3連発。「スターターボタンのフォント(アウディ)」「ガラスがちゃんと割れない(トヨタ)」「リコール対象が一台だけ(ベンツ)」

| とくにアウディのリコールは前代未聞 | さて、今週に入りいくつかのメーカーが国土交通省にリコールを届け出ていますが、その内容が「ちょっと珍しい」ため、ここで紹介してみたいと思います。 まずはアウディですが、「エンジン

【動画】パガーニ・ウアイラ”ドラゴン”がサーキットを走る!レーシングカーばりの過激なエアロパッケージなるも「公道走行可」

| 限定販売台数は5台のみ | パガーニ・ウアイラ「ドラゴン」のプロトタイプがサーキットを走行中。ウアイラ・ドラゴンはウアイラのハードコアモデル「BC」をさらに過激に仕立て上げたモデルということになりますが、パガーニは現

新型レクサスRXが発表。外装では「前後のデザイン的つながりを重視」し、内装では「インターフェースとコネクティビティ強化」

| インフォテイメントシステムはようやく世界標準レベルに | レクサスが「RX」にフェイスリフト(マイナーチェンジ)を実施し、2020年モデルとして発表。 内容としては外観の変更、ボディカラーの変更、内装の機能変更といっ

これだからバイク乗りってヤツは。セイバー戦闘機をモチーフにした、トンデモルックのドラッグレーサー登場

| ベースはインディアン・スカウトボバー、その名はアパルーサ | かねてより「バイク好きという人種は、そもそもどこかがブッ飛んでいる」と考えていましたが、今回もまた完全に異次元レベルのカスタムバイクが登場。 このバイクの

フェラーリ「SF90」ではなく「F90」。過去にブルネイ王族のために作られた、歴史上もっとも謎に満ちたフェラーリを見てみよう

| 誰も実車を見たことがなく、存在を示すのは数枚の写真のみ | フェラーリは「SF90ストラダーレ」を発表したところですが、そこでふと思い出したのが「F90」。 ただしこれはフェラーリによって作られたものではなく、フェラ

まるで熟成されたワインのようだ!あまりに優雅なマセラティベースのカスタムカー、「Sciadipersiaカブリオレ」がイタリアより登場

| 量産では到底実現できない優雅さ、クラフトマンシップを再現 | イタリアのカロッツェリア、「トゥーリング・スーパーレッジェーラ」。昨年3月のジュネーブ・モーターショーでは、マセラティ・グラントゥーリズモベースの「Sci

フェラーリ初の量産ハイブリッド「SF90ストラダーレ」発表!フェラーリ史上最高のパフォーマンスと革命的デザイン

| これでフェラーリに死角はなくなった | さて、フェラーリが待望のニューモデル「SF90ストラダーレ」を発表。発表そのものはフェラーリの本社(マラネロ)にて、重要顧客を招いて行われ、続いてメディア、そしてネットでの公開

ノヴィテックがフェラーリ812スーパーファストベースのコンプリートカー「N-Largo」最新モデルを公開。フェンダーは14cmワイドに

| さらに出力は800馬力から840馬力へ | 今年はじめにノヴィテックは「フェラーリ812スーパーファスト用のカスタムパーツ」群を発売しましたが、今回はそれらに加えて新たなパーツを装着したコンプリートカー「Novite

ロールスロイスが「世界で初めて大西洋無着陸横断飛行」を成功させた自社のエンジンにちなんだレイスの限定モデル、「イーグルVIII」を発表

| 1919年の無着陸飛行において、唯一壊れなかったのはロールスロイスのエンジンだけだったという | ロールスロイスが「レイス」に50台のみの限定モデル”イーグル8(Eagle VIII)”を追加。実車の発表は5月24日

【動画】ここまで改造したヤツは今までにいなかったな。ベントレー・コンチネンタルGTを戦車に改造した(しかも完成度高い)猛者が現る

| まだまだ未完成、テストを重ねて高速走行を目指す | これまでジェットエンジンをクルマに装着したりとやりたい放題が報じられたロシアのユーチューバーたちですが、今回も”さすがはロシア”といった魔改造がまたまた登場。この車