メルセデスAMGのコンピューターは解析しやすい?AMG GT Rを800馬力に、そして発表間もないAMG A35を35馬力出力向上させるチューナー登場

| 最近のエンジンのタフさには驚かされる | メルセデスAMG GTは発売直後よりコンピューターチューンが盛んではありましたが、時間とともにそのチューニング幅がどんどん拡大しており(安全マージンの幅がチューニング実績とと

アストンマーティン「我々の調査によれば女性はSUVを好む。だからDBXは女性向けに美しく高級にデザインされている」

| とりわけ「中国の」女性を狙ったのだと思われる | アストンマーティン「初」のSUV、DBXの発表が刻々と近づいており、そのプリプロダクションモデルもつい先日に公開されたところ。 そして今回、アストンマーティンのグロー

シボレー・コルベット「最後のC7」そして最後のFRが約3億円で落札される。スープラの2.7億円といい、なぜアメリカ人は「高額で落札」するのか?

| クルマが欲しいというだけではなく、社会的に貢献したいという意識の高さもあるようだ | シボレー・コルベットは新型(C8)ではミドシップへとスイッチすることになりますが、現行(C7)コルベットは当初言われていたように「

【動画】BMW Z4はエンジン単体でなんと415~439馬力あたりを発生していることが判明。BMWの最新エンジンはやはりスゴそうだ

| そのポテンシャルは計り知れない | つい最近、新型トヨタ・スープラがカタログ値以上の出力を発生しているというパワーチェック結果が公開されましたが、今回はその兄弟車であるBMW Z4についてもやはり「公称値以上の」出力

HKSがグッドウッドに690馬力の「スープラ・ドリフトカー」で参戦。チューニングビジネス、スポーツカーが売れる条件を考える

| やはりクルマはイジってナンボ | HKSが7月4日から開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて「HKSトヨタ・スープラ・ドリフトカー」を公開する、と発表。 グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピー

アクラポヴィッチが現代のスーパースポーツの排気温度にも対応できる新素材「CMC」を実用化。まずはポルシェ911GT3RS用マフラーエンドとして20セットのみが発売に

| ただし見た目は通常のカーボンのほうがいいかもしれない | アクラポヴィッチが新しい素材そして技術を採用したテールパイプを発表。この素材とはセラミック・マトリックス・コンポジット(Ceramic Matrix Comp

ケーニグセグがル・マン「ハイパーカークラス」参戦に興味。ただしその際はジェスコの「1600馬力」エンジンを750馬力にまでデチューンする必要あり

| 現在、各メーカーの発売するハイパーカーには差がありすぎる | ケーニグセグ創始者、クリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏が「ル・マン24時間レースに新設される、ハイパーカークラスに興味がある」とコメント。 この「ハイパ

ベントレーからレトロな外観を意識した「コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディション」が登場。1929年のレーシングカーをイメージ

| このボディカラー”ドラゴンレッドII”はなかなかイケてる | ベントレーがコンチネンタルGTに新たな限定モデル「コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディション・バイ・マリナー(Continental GT

モナコにて超レアカー、ARASH (アラッシュ)A10が目撃に。2080馬力、トランスミッション6”個”、価格は1億5000万円

| エンジン900馬力、モーター1180馬力のハイブリッド | モナコにてトップマルケスが開催され、数々のスーパーカー、ハイパーカー、エキゾチックカーが続々集結していることはお伝えしましたが、今回はそんなモナコにて「AR

【動画】ケーニグセグはもともとスバル製F1用エンジンにあわせて設計されていた!スバルがF1参戦していたという事実、そしてなぜその後採用されなかったのか

| ケーニグセグは実際にスバル製の水平対向12気筒F1エンジンの使用権を購入していた | ケーニグセグは現在自社製のV8ターボエンジンを使用しているものの、創業初期にはフォードのV8エンジンを改造して使用していたことも。

ダッジが「9センチワイド」になるチャレンジャー”ワイドボディ”を発売。普通にカタログモデルとして購入できるアメリカが羨ましい

| しかもSRTヘルキャットだと707馬力。こんなクルマを普通に売っているとは | ダッジがそのマッスル4ドアセダン、チャージャーのワイドボディ版を発売。チャージャーはもともと1966年に2ドアファストバックとして登場し