富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォードGTもやってくる」

| この前、マクラーレン・セナが納車されたばかり | スーパーカーコレクターとして知られるアメリカの富豪、マニー・コシュビン(Manny Khoshbin)氏が自身のガレージについて近況を報告。 現在収まっているクルマに

ランボルギーニ・チェンテナリオのオーナーへディアブロを納車。オーナーが経営するストリート系アイテムショップを見てみよう

| シュプリーム崇拝は日本だけではなかったようだ | カナダ(トロント)のランボルギーニ・ディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。これまでにも様々なランボルギーニ、そしてランボルギーニオーナーを

まさかのランボルギーニ本家から「ウラカンのオフローダー」、Huracan Sterratoが発表。車高47ミリアップ、オーバーフェンダーで武装

| たしかに以前から「ウラカンのオフローダー」はウワサされていた | ランボルギーニが突如として「ウラカンのオフローダー」、”Huracan Sterrato(ウラカン・ステラート)”を発表。 これは市販を考えたものでは

新型メルセデスAMG CLA35”シューティングブレーク”発表。イメージカラーはイエロー、気分が明るくなりそうなスポーツワゴン

| メルセデス・ベンツはなんとしても若い客層を取り込みたい | メルセデス・ベンツが新型「CLA 35シューティングブレーク」を発表。AクラスベースのAMGモデルとしてはハッチバックの「A35」、クーペ風セダンの「CLA

新型コルベットの試作車再び。今回は今まででもっとも偽装が薄くデザインを推測できる状態。「エントリーグレードでは」ともウワサされる

| 新型コルベットはそのパワートレーン、価格帯など、そのほとんどが「謎」 | 7月18日に発表が迫ってきたC8世代の新型コルベット。ミドシップ化されることでそのスタイル、デザインが大きく変わることが予想されますが、厳重な

ランボルギーニ・アヴェンタドールにレヴェントンやチェンテナリオの要素をプラス!「ONYX SX」がここに誕生

| ボディカラーはマットグレー、そしてカーボンとブロンズを組み合わせた渋い仕様 | 一瞬アヴェンタドールSVJかと見紛うほどの過激なエアロパーツを身にまとう「アヴェンタドールSX」が発表に。 これはチューニングカンパニー

VW「次期ゴルフRは現行よりパワフル。ただしドリフトモード、後輪操舵はない。それらはヨソのやり方で、我々の方法ではない

| VWとアウディはドリフトに対して否定的 | フォルクスワーゲン・ゴルフRは、ぼくの考える「最強」のクルマの一台。その理由としては「パワーがあり、扱いやすく、トルクベクタリング4WDを持ち、人やモノが乗る」から。 そん