フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンほか「もしも」なレンダリング。あのクルマがこうだったら

| ウイングレスだったり、ウイングが取り付けられたり | さて、続々登場する「もしも」系レンダリング。今回はフェラーリ、ポルシェ、マクラーレン、ランボルギーニなど、スポーツカーを中心に取り上げてみたいと思います。 まず、

【動画】実際に映画「60セカンズ」に登場した”エレノア”は3台存在した!その価値2.4億、ドイツにある個体をユーチューバーが紹介

| スーパーカーブロンディは世界中でスーパーカーやレアカーに試乗 | 自動車と映画とは切っても切れない関係にはありますが、近代の映画に登場した、もっとも有名なクルマの一台が「60セカンズ(2000)」に登場した1967年

世界の企業価値ランキングTop100発表。自動車メーカーは軒並み順位を下げてビジネスモデル崩壊が顕著になるもトヨタが業界No.1、ベンツ2位、BMW3位

| 自動車業界は根本的に構造を変えなければ生き残れない | BRANDZによる「もっとも価値あるブランド」ランキングTOP100が公開。これを見ると、自動車メーカーはトップ100に3社が入るものの、2018年の5社、20

ニキ・ラウダがドライブしフェラーリに9年ぶりのタイトルをもたらした「312T」が競売に登場、最高予想落札価格は9億円。312Tシリーズを振り返ってみよう

| ボクはフェラーリのF1では「312T4」が一番好きだ | ニキ・ラウダがドライブしたF1マシン、フェラーリ321Tが8月のペブルビーチにてオークションにかけられる、とのこと。 この312Tはシャシーナンバー022で、

【動画】世界中から続々登場するジムニーのカスタム。今回はルーフテント装着の本格キャンパー向け、そして”サイドマフラー”も

| ジムニーのカスタム市場は盛り上がる一方 | 「街なかの雑踏から抜け出し、心が望むままに走り出そう」。 そういった魅力的なコンセプトがモットーのローム・オーバーランディング(ROAM OVERLANDING)がスズキ・