ダッジが「9センチワイド」になるチャレンジャー”ワイドボディ”を発売。普通にカタログモデルとして購入できるアメリカが羨ましい

| しかもSRTヘルキャットだと707馬力。こんなクルマを普通に売っているとは | ダッジがそのマッスル4ドアセダン、チャージャーのワイドボディ版を発売。チャージャーはもともと1966年に2ドアファストバックとして登場し

三菱「ランサーエボリューション」復活のウワサ。ニュルFF最速たるメガーヌR.S.のエンジンを搭載し、セダンボディ、4WD、341HPで登場か

| 三菱が日産に吸収された今、十分にその話はありうる | 三菱は「ランサーエボリューション」は2015年の”ファイナルエディション”をもって消滅していますが、その後ミツビシは「ランエボの復活はない」と明言。もしランエボが

ポルシェ718ケイマン、サイドステップ塗装の後遺症「ドア一面についた小傷」。塗装面の磨き傷はこうやって消す

| どこかに作業に出すとこういったコキズ免れない | さて、先日サイドステップのキズ修理(塗装)から戻ってきたポルシェ718ケイマン。その際は気づかなかったものの、ふと夜に水銀灯の下に停めたケイマンを見てけっこうな「小傷

ポルシェGT部門のボス「ほかラインアップがエレクトリック化しようとも、GT系はそれに従わない。ガソリンエンジンを守り、ピュア、そしてハードであり続ける」

| それでこそ我らがポルシェGT部門 | ポルシェは現在全力で「エレクトリック化」を進めていますが、ポルシェのハードコアモデルを担当するGT部門のボス、アンドレアス・プルニンガー氏が「GTモデルにはエレクトリック化はあて