【動画】ジェームズ・メイが質問に答える。「一度は乗っておけ」なクルマはビートル、最も偉大なスーパーカーはカウンタック

| たしかにビートルは一度は運転しておかねばならない | 旧トップギア、現グランドツアー三人衆の一人、ジェームズ・メイが様々な質問に答えるシリーズ動画。 今回は「気になるクルマ」「エンスージアストに”これだけは乗っておけ

マクラーレン・セナ「2台目の炎上」が発生。最初に炎上したオーナーは「マクラーレンに合計3億円も払ったのに何も対応しない」という動画を公開

| もし3件目、4件目が出たらけっこう大きな問題に | F1オーストリア・グランプリ開催前のエキシビジョンのため、レッドブル・リンクを走行していたマクラーレン・セナが発火するというトラブルが発生。 運転していたのはゲルハ

シボレー・カマロが2023年に販売終了という報道。マスタング、チャレンジャーに比べ「売れない」理由を考える

| なぜならカマロはもう「レトロ」じゃなくなったから | シボレー・カマロが2023年をもって販売終了になる、というウワサ。これについていくつかのメディアがGMに確認を取ったそうですが、GMはこれについて肯定も否定もせず

ジャガーF-Typeが初のフェイスリフト?表情が大きく変わりそうな試作差が走行中。なおエンジンはBMW製4.4L/V8ツインターボへ変更とのウワサ

| ジャガーF-Typeはもっと売れてもいいクルマだ | ジャガーF-Typeのフェイスリフトモデルと思われるプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。ジャガーFタイプは2013年の登場ですが、バリエーション追加はあった

この911だけは絶対手に入れねば。そう思わせるカスタムポルシェ911S"R"が競売に。そのハードな仕様を見てみよう

| これほどまでに心を刺激するポルシェ911には出会ったことがない | 「このクルマだけは、いかなる犠牲を払ってでも手に入れなければならない」。 人生のうち何度かはそういったクルマに出会うことになるかと思いますが、今回紹

レトロ路線を明言したポルシェ。50/60/70/80年代風デザインのリバイバル、その根底にある考え方を語る。「人間は信頼できる時代を超越した価値を求める」

ポルシェは先日「今後、911にはレトロな限定モデルを発売」というアナウンスを行いましたが、クリストフォーラス最新号にはもっと踏み込んだ記載があり、ここで紹介してみようと思います。 まず、ポルシェによると、今後の911には

発売直後のマツダ3に「ホイール脱落の危険性」としてリコール。加えてCX-5(ECU)、ロードスター(アンダーカバー脱落)の届け出も

| マツダ3の場合は日本で生産された車両も含まれる | 発売されたばかりの「マツダ3」に早速リコールの届け出。まずはアメリカのみで届け出が出され、米国運輸省(NHTSA)によると「組立時の問題に起因してハブボルトとハブフ