今日のポルシェ718ケイマン。空港へ→飛び石でウインドウが割れる→飛来物でバンパー損傷→空港に着くと台風で欠航。こんな日もあるわな・・・。

| フロントウインドウの修理費用は15,000円、バンパー修理は35,000円 | さて、今日のポルシェ718ケイマン。以前に予告した通り、「上海ポルシェセンター」へのツアー敢行のため、いざ上海へ。 そこでぼくは718ケ

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルは2024年まで発売延期との報道。エンジンがV8化され、ウラカン後継モデルと車体や足回り、パワートレインまでが共通化されるとのウワサ

| もしそうなるとランボルギーニのアイデンティティが一気に崩れ去ることに | ランボルギーニ・アヴェンタドールの後継モデルの発売が「2024年に延期される」とのウワサ。 アヴェンタドールは2011年に発売されていますが、

新型911の外装デザインに関わったポルシェ唯一の日本人デザイナー「テールランプの長さは1.4メートル。私はそれを日本刀と呼んでいる」

| 新型911のデザインは過去の解釈からはじまった | OPNERSにて、ポルシェ唯一の日本人デザイナー、山下周一氏へのインタビューが掲載に。同氏は以前にも「パナメーラ・スポーツツーリスモのデザイナー」として紹介したこと

【動画】納車されたばかりのスープラを惜しげもなくカスタム!ワンオフでマフラーを作るついでに「マフラーなし」で爆音走行。10センチワイドのオーバーフェンダーも披露

| 今年のSEMAはスープラ祭りになりそうだ | 先日、新型スープラが納車されたユーチューバー、TheStradman氏。今回は馴染みのショップに持ち込み、早速カスタムをはじめています。 新型スープラは北米で次々と納車が

「リアウイングレス」のアストンマーティン・ヴァルカンがレンダリングにて登場。ヴァルキリーの影に隠れてしまった感があるものの、ヴァルカンもいいクルマだ

| ヴァルカンは色々な意味で過渡期にあったクルマだった | 元祖「もしも系」レンダリングアーティスト、Yasid Designが、アストンマーティン・ヴァルカンをさらに過激に再デザイン。 「ヴァルカン」はアストンマーティ

フェラーリ488ピスタの「オプション」にストライプほか新製品登場!どういったものがあるのか見てみよう

| オプションの多数はやはり「カーボンファイバー」 | フェラーリが488ピスタ含む各モデルに対しオプションを追加。一般に、日本車だとそのクルマの発売と同時に最大限のオプションを用意し、その後にオプションを投入することは

ブガッティがリマックの技術を使用し、2000馬力級のSUVを、年間600台規模で生産するとのウワサ。”毎日気軽に乗れるブガッティ”の登場か

| ブガッティオーナーはこういったブガッティこそが欲しかったのかもしれない | ブガッティが2000馬力級のエレクトリックSUVを発売する、というウワサ。ブガッティのSUVについては話が二転三転していて、ブガッティ自身は

意外とカッコイイ?950馬力、最高速度380km/hの新型ハイパーカー、「TS900 H アペックス」発表。スロベニアの新興ハイパーカーメーカーより

| 加速性能はフェラーリSF90、最高速はブガッティ・シロンなみ | スロベニアの新興スーパーカーメーカー、Tushek(トゥシェック?)が新型スーパーカー「TS900 H アペックス」を公開。実車のお披露目は9月のサロ