レクサスRC Fがマイナーチェンジ!「これがレクサス?」と驚かされる過激な「Performance Package」も登場し1021万円から

投稿者:

| もはや他のメーカーでは作っていない「大排気量自然吸気エンジン+2WD」 |

レクサスが「RC F」をマイナーチェンジし5月13日より発売開始。
「RC」はレクサスの誇るスポーツクーペで、すでにマイナーチェンジ済み。
そして「F」はレクサスにおけるハイパフォーマンスモデルの称号であり、レクサスによると「レクサスレーシングのホームコースである”富士スピードウェイ”で、走りに走りを重ねた真の高性能にのみ与えられる称号が”F” 」。

つまりRCのハイパフォーマンスモデルが「RC F」ということですね。

まさにハイパフォーマンスモデルの「セオリー通り」

なお、今回のマイナーチェンジの骨子は下記の通り。
全般的に見て、「軽量化」「出力向上」「あちこちを固める」というセオリー通りの改良に加え、「エアロダイナミクスの向上」を図り、見た目の数字よりも、実際にサーキットを走行したときのドライバビリティを大きく向上させたと考えて良さそう。

・従来モデル比20キロの軽量化
・レスポンスに優れたハンドリング、限界領域のコントロール性能向上を目的に、トレッドやコンパウンドにまでこだわった専用タイヤ装着
・エンジンマウント、サスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュを強化
・エンジン出力向上(481PS)、吸気性能向上、スロットルレスポンス向上
・ディファレンシャルのローギアード化
・レースで培われた技術を反映させたエアロパーツを装着
・ローンチコントロール採用

そして「エアロダイナミクス」については新型レクサスRC Fのハイライトともいえ、フロントに追加されたカナードによってダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモールにはアンダーカット(ホイールハウス前の乱気流を制御)追加、前後ホイールハウスにはエアアウトレットを設けてホイールハウス内の圧を抜くという改良を行っています。

190513_02

ボディカラーはホワイトノーヴァガラスフレーク、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、ラディアントレッドコントラストレイヤリング
ネープルスイエローコントラストレイヤリング、ヒートブルーコントラストレイヤリングの6色。

画像は「RC Fカーボンエクステリアパッケージ」ですが、ボンネットやルーフ等がカーボンとなり、「え?これがレクサス?」と驚かされるアグレッシブな仕様です。

d

レクサスRC FパフォーマンスパッケージはAMGやMに対するひとつの回答

そして今回のマイナーチェンジの目玉が「パフォーマンスパッケージ(Performance Package)の設定。
これはレクサスがRC F GT3を投入してきたSUPER GTやデイトナ24時間といったレースで得られたノウハウをフィードバックさせたもので、専用のエアロパーツや軽量パーツを装備した究極のRC F。

img_gallery_04

具体的にはカーボン製フロントスポイラー、カーボン製大型ロッカーフィン、カーボン製エンジンフード/ルーフ、カーボン製リアウイング、軽量鍛造アルミホイール、チタンマフラーを装備。

そのほかブレーキはカーボンセラミックディスク+レッドキャリパーへと改められ、視覚的な迫力もぐっと増しています。

レクサスRC Fは、今では少数派となった 「大排気量自然吸気エンジン(5リッターV8)を持つFRですが、メルセデスAMGやBMW「M」モデルが次々「ターボ+4WD」へとシフトする中、大きな存在感を放つことになりそうですね。

img_gallery_09

ベースモデルとなるレクサスRF Fの価格は10,210,909円、RC F「カーボンエクステリアパッケージ」だと10,996,364円、RC F「パフォーマンスパッケージ」では14,040,000円。

レクサスとしては、新型RC Fのライバルを「メルセデスAMG C63クーペ(13,180,000円)」「アウディS5スポーツバック(8,910,000円)」「BMW M4クーペ(11,850,000円)」あたりに設定しているようです。

VIA:LEXUS

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です