新型スープラに採用される「Supra」フォントの「S」はニュルブルクリンクの特定サクションを指していた!実際に比較してみよう

投稿者:

| 本当にニュルブルクリンクに潜むS字カーブと一致していた |

トヨタは新型スープラのリアに配置されている「Supra」ロゴをリニューアルし、80スープラとはやや異なるデザインへと仕上げています。そしてこの「Supra」の「S」部分はニュルブルクリンクの約8.4キロ地点にあるカーブ、「Wehrseifen」の形状を現している模様。

これについては新型スープラの開発主任、多田哲也氏も認めているので「間違いない」ということになりますが、それだけ新型スープラは「サーキット志向」ということを現しているのかもしれません。

新型スープラはトヨタではこれまでに例がないほど「割り切った」クルマ

なお、多田氏は新型スープラのメディア向け試乗会において、新型スープラはチューニングやレース出場を念頭に置いた仕様を持っていることや、サイドシルの厚さが86の二倍もあって剛性向上を追求していること、しかしそれが「クレームレベル」に実用性を阻害していることについても言及。

つまりは「日常性を犠牲にしてでも、走りを追求した」のが新型スープラということになりますね。

新旧スープラのフォントを比較してみよう

そしてこちらが新旧スープラのロゴを比較してみた図。
上が80スープラ、下がA90スープラ。
同じように「筆」で描いたような力強いフォントですが、微妙に両者は異なり、新しいロゴでは「P」を中心に広がり方やボリュームが左右対称に近くなっているように思います。

supra-font

なお、ニュルブルクリンクの「Wehrseifen」を検索してみるとこんな画像が出てきますが、たしかにこれを見ると新型Supraの「S」に近い形状を持っている、というかドンズバのようにも見えますね。

25275fbe545f162254ac700c03972c38

新型スープラにつては、日本国内において発表はされているものの「発売」はまだ。
トヨタは具体的な発売日を公開していませんが、おそらくはメガウェブで開催されるスープラのファンイベント、「Supra is back to Japan Fes(スープラ・イズ・バック・トゥ・ジャパン・フェス」にあわせて発売される可能性が高く、となるともう「カウントダウン開始状態」。

s

この「スープラ祭り」は5/17~5/19においてメガウェブにて開催され、5月17日は14時までがメディア限定イベント、そして15:00からが一般公開タイムとなっています。

5月18日は11:00~21:00、5月19日は11:00~19:00にて開催され、新型スープラの試乗会や、D1グランプリのために製作された「D1 GR Supra」の同乗体験も催されるようですね。

そのほかワイルド・スピードにてポール・ウォーカーがドライブした「あの」スープラが復活する可能性も示唆されていて、ファンにはたまらないイベントとなりそうです。

pic_event_01_pc

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です