またまたルノーのケッタイなコンセプトカー「EZ-Tournee」が発表。とにかくフランスのコンセプトカーは未来派が多い?

投稿者:

オフィシャルではないものの、サードパーティーもメーカーと同じ傾向を持つようだ

CGアーティスト、Artyom Trofimenko氏がルノーのコンセプトカー「EZ-Tournee」のレンダリングを発表。
完全に「未来派」のクルマとなっており、スケルトン構造を持つキャビンが特徴です。

なお乗員は2名という贅沢なレイアウトを持っていて、このクルマが贅沢なパーソナルカーであることもわかりますね。

フランスの自動車メーカーはクルマの概念を飛び越えたコンセプトカーを発表することも多い

ボディのフロントとリアには透明のパネルがあり、そこに何らかの情報等が表示される模様。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、車

リアはこんな感じ。

写真の説明はありません。

サイドはこう。
数多くのデザイナーがこういった「スケルトン」構造のクルマを発表しているものの、乗っていると「なんとなく不安」を感じそうです(ガラスの透明度は電気的に変更できるのかも)。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外

そしておそらくは「自動運転」機能を備えると思われますが、車高はかなり低く、この中では仕事をするというよりも「休憩を取る」ことがメインとなりそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、フランスの自動車メーカーはぶっ飛んだコンセプトカーを発表することで知られ、ルノーだと2016年に「トレゾア・コンセプト」を発表したことも。

こういったクルマが「オフィシャル」として出てくるので、社外のデザイナーたちもこれに負けじと過激なクルマを登場させるのかもしれませんね。

renault-trezor-25

なぜフランス人はケッタイな車を作るのか。ルノーが非常識なTrezor(トレゾア)conceptを発表

そして昨年ルノーは「EZウルティモ」なるこれまた奇妙なクルマを発表。

これ車なん?ルノーがまたケッタイなコンセプトカー「EZ-Ultiomo」を発表

さらにルノーはコルビジェ建築をイメージしたコンセプトカーを発表したことも。

renault-corbusier-2

自動車業界初?コルビジェ建築とコラボした車をルノーが発表

そして同じフランスというところだと、プジョーから「4002」。
フロントにマスの集中したスタイル、独特なドアミラーなど、こちらもクルマの常識を大きく超えているように思います。

こんなコンセプトカーもあった、「プジョー4002」。デザイナーが2002年に考えた、「プジョーの近い将来」

そしてシトロエンからは(非公式で)「ニュートロン・コンセプト」。

シトロエンDSが現代に蘇ったら?あまりに未来的、異次元デザインの「Citroën Neutron」

こうやって見るとお国柄というか、フランスのクルマは「未来的」なものが多い模様。
一方で、イタリアの自動車メーカーから発表されるコンセプトカーは(オフィシャルであっても、そうでなくとも)やはり走行性能を強調した、情熱的な作品が多いように思います。

VIA:Arythom Trofimenko

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です