レクサスが「MIB:インターナショナル」に登場させる”変形後”レクサスRC F詳細を公開。0-100キロ加速は0. 0000000000001ナノ・セカンド、シートベルトは31点ハーネス

投稿者:

| レクサス・セーフティ・システム・プラスも装備し、安全面も抜かり無い |

6月14日より公開の映画、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」。
すでに予告編も公開され、レクサスRC Fや、レズバニ・タンクが登場することも明らかになっていますが、今回はそのレクサスRC Fが変形した姿「QZ 618ギャラクティック・エンフォーサー・ジェット(QZ 618 Galactic Enforcer jet)」が公表されています。

レクサスはこれまでも映画に対して積極的にスポンサー活動を行っている

レクサスはこれまでにもいくつかの映画とタイアップしていて、「マイノリティ・リポート(2002)」でも”2054年モデル”レクサスが登場。

Lexus of the future from the film, "Minority Report." 2002 Los Angeles Auto Show.

その後は「ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017)」にて”2047年型”レクサス・スカイジェットを登場させています(これはちょっと見た目がキモかった)。

その後「ブラックパンサー(2018)」にはレクサスLC500を提供するなど、にわかに「映画づいている」のが最近のレクサスではありますが、今回もまた未来派レクサスが映画に登場、ということになりますね。

レクサスQZ 618ギャラクティック・エンフォーサー・ジェットはこんなクルマ(?)だ

そして今回公開されたレクサスQZ 618ギャラクティック・エンフォーサー・ジェット。
これはレクサスRC Fが変形した姿という設定で、ちょうど「メン・イン・ブラック2」にて、エージェントJの乗るメルセデス・ベンツEクラスが飛行形態に変形したのと同様だと考えて良さそうです。

22fb60d3-lexus-jet-stars-in-mib-movie-4

このレクサス・ジェットについてはレクサスのマーケティングを担当するリサ・マテラッツォ氏いわく「遠い、遠い将来のレクサスブランドをイメージしている」。

劇中の設定としては、エイリアンのテクノロジーQPST=Quasar Power Source Technologyを取り入れたもので、パワーソースはAGN=Active Galactic Nucleus。

e9471503-lexus-jet-stars-in-mib-movie-1

内蔵される機能としてはIGPS(インターギャラクティック・ポジショニング・システム)、ガンマレイ・ヘッドライト、インフィニット・スキャンなど劇中で使用されると思われるデバイスのほか、アマゾン・アレクサ(7兆ものエイリアンの言語を理解できる) 、31点式ハーネス(宇宙の様々な種族に対応できる)、レクサス・セーフティ・システム・プラス(レクサスの誇る予防安全技術)、ドライブモード(エコドライブ、スポーツドライブ、クアンタムドライブ)といった、思わず唸ってしまうユニークなものも。

なお、気になる0-100キロ加速は0. 0000000000001ナノ・セカンドだそう。

0b1bdc94-lexus-jet-stars-in-mib-movie-3

「変形前」のレクサスRC Fは映画公開にあわせて東京ミッドタウン日比谷にある「LEXUS MEETS…」にて展示される、とのこと。
このレクサスRC Fは「MIBエージェント専用ビークル」として特別に仕上げられたもので、車体はもちろん、ホイールに至るまで「真っ黒」なのが特徴です。

l_ikuma_lexus-rcf-009_w490 (1)

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です