【動画】BMW Z4とトヨタ・スープラとの加速競争。スープラがZ4を大きく引き離し、ポルシェ911ターボなみのタイムを記録する

投稿者:

| 両者のパワーは同じ、重量はZ4が+50kg |

多くの人が待ち望んでいたであろう、新型BMW Z4と新型トヨタ・スープラとの加速対決。
ご存知の通り新型Z4とスープラとは共同にて開発され、製造工場はもちろんのこと、生産ラインまで「同じ」。

そしてBMW M40iとスープラRZとは同じBMW製の3リッター6気筒ターボエンジン(B58)を搭載し、出力も同一となっています。

基本的には「同じ」クルマだと考えて差し支えはない

さらに言うとトランスミッションや電子制御系も同一で、逆に「両者の間で異なる」部分を探すほうが珍しいくらい。

ただしその価格はスープラの690万円に対してZ4では835万円という設定を持ち、「同じクルマなのにZ4のほうが150万円くらい高い」ということになります。

なお、BMW側はトヨタ・スープラに対して対抗意識を強く持っているようで、BMW Z4発表時の0-60マイル加速タイムは「4.3秒」。
しかしその後にスープラが発表され、0-60マイル加速タイムを「4.1秒」と発表するやいなや、BMWは修正タイムとして「3.9秒」という発表を行うことに。

そういった流れもあり、「一体どちらが速いのか」というのが興味の的であったのですが、今回ついに動画にてその優劣が明かされることになるわけですね。

参考までに、両者のスペックは下記の通り。

BMW Z4 トヨタ・スープラ
ボディサイズ 全長4335ミリ
全幅1865ミリ
全高1305ミリ
全長4380ミリ
全幅1865ミリ
全高1290ミリ
エンジン 3リッターツインターボ(B58) 3リッターツインターボ(B58)
出力 340PS 340PS
トランスミッション 8AT(8HP51) 8AT(8HP51)
車体重量 1570kg 1520kg
燃費 リッター12.2km リッター12.2km
価格 690万円 835万円

やはりクローズドボディのほうが加速に有利?

そして動画の内容ですが、両者とも静止状態からヨーイドン。

s7

そしてなんとスタートからスープラのほうが圧倒的有利。
正直、これだけの差があるというのは驚きです。

s1

ゼロヨン(1/4マイル)タイムだとスープラが12秒。
この12秒がどれくらいかということですが、なんと996世代のポルシェ911ターボが12.1秒、同世代のポルシェ911GT2が11.8秒と言えば、いかにトヨタ・スープラが速いかもわかりますね。

s5

そしてBMW Z4のゼロヨンタイムは12.5秒(996世代のポルシェだと911タルガと同じ)。
重量がスープラに比較して50kg重いといえど、同じ車体と同じエンジン、トランスミッション、トラクションコントロールを持つクルマとしては「かなりの差」があり、おそらくZ4はオープンボディ採用のため剛性が劣り、ボディの歪みによって「パワーが食われている」のかもしれません。

s2

それでは動画を見てみよう

こちらがCARWOWによる、BMW Z4とトヨタ・スープラとの対決動画。
思ったよりも両者には差があります。

VIA:carwow

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です