【動画】フェラーリF90ストラダーレのレビュー動画登場!その細部は488ピスタと大きく共通し、「さらに磨きがかけられている」!

投稿者:

| フェラーリは一貫してその方向性を見失わない |

先日発表され、大きな衝撃を世に与えたフェラーリの「1000馬力級」ニューモデル、SF90ストラダーレ。
その機能についてはすでに詳細が公開されているものの、今回トップギアが改めて実車を紹介しています。

なお、現在のところSF90ストラダーレについては市販モデルの生産がはじまっていないと思われ、この車両はプリプロダクションモデルなのかもしれませんね(そのためか試乗は行っていない)。

| フェラーリSF90ストラダーレはモーターのみでも走行可。ただしその場合はFFに |

そしてこの絵fラーリSF90ストラダーレが置いてあるのはロンドンにあるフェラーリの正規ディーラー、HRオーウェン。
フェラーリのほか、アストンマーティン、ランボルギーニ、ロールスロイス、ベントレー、マセラティ、ブガッティなどエキゾチックカーの正規ディーラーを多数展開しています。

x7

フェラーリSF90ストラダーレは780馬力を発生する4リッターV8ツインターボエンジンをミドシップマウント。
このエンジンで後輪を駆動する一方、フロントにマウントされた2基のモーターにて前輪を駆動し、さらにトランスミッションに内蔵されたシングルモーターにてエンジンをアシスト。

これによって実に986HP(1000PS)を発生し、0−100キロ加速はなんと2.5秒、0−200キロだと6.7秒、最高速度は340キロという領域へ。

x4

加えてバッテリーとモーターのみで25キロの距離を走ることができるというエコさも持ち合わせています(ただしこの時は前輪駆動となる、というのもまた衝撃的)。

現在価格については公開されておらず、ウワサでは5500万円〜6500万円くらいなんじゃないかと言われるものの、「1000馬力のハイパーカー」しかもフェラーリということを考えると「むしろ格安」と言えるかも。

x2

フェラーリSF90ストラダーレの外観はこうなっている

そこで早速その外観チェックですが、フェラーリSF90ストラダーレのデザインは「最新世代」へと移行しており、これまでに見られない意匠が盛りだくさん。

x3

やはり驚くべきは「テールランプ」で、これまでの「丸」から、その「丸」の上下を削った形状に。
フェラーリはこれについて、「水平ラインを強調したため」と述べていますね。
そしてその形状についても立体的となり、雰囲気としてはこれまでのフェラーリとかなり異なる、と思います。

x13

フロントのサイドアンダーからはエアを放出する構造が見られますが、これは488ピスタで採用され、その後F8トリブートにてSF90ストラダーレに近い形へとデザインが変更されたもの。

x

そしてやはり特徴的なのはこのヘッドライト(というかそれに被さる形のブレード)。

x8

そしてバンパー下部分から入ったエアがフロントフード前方から抜ける構造も488ピスタ同様。

x12

リアウイングのフロートも488ピスタと同じですね。

x9

こうやって見ると、F90ストラダーレは488ピスタ、そしてF8トリブートと高い共通性を持つことがわかり、その共通性はF1はじめとするモータースポーツ活動、そしてXXプログラムを通じて培われたものだということになりそう。

x16

そしてフェラーリの跳ね馬(プランシングホース)の頭部分がリアデッキとリアウイングとの隙間から「ちょっとだけ覗いている」のも488ピスタと同じ。

x15

そして動画ではインテリアも紹介。
ステアリングホイール各パーツ(ウインカー含む)の位置関係や機能などは従来モデルと同等のようですが、スイッチ類が物理スイッチから「タッチ式へ」と変化し、そのためイルミネーションも大きく変化。

x14

航空機を意識したというこのスイッチはなかなかに斬新。
実際に見て、触ってみたいと思わせるものですね。

VIA:Top Gear, Shmee150

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です