【動画】フェラーリ・デイトナを現代風に再デザインしたユーチューバー登場!さすがにオリジナルを超えるのは難しかったか・・・

| 昔のピニンファリーナによるフェラーリが持つデザイン的完成度は現代の技術をも寄せ付けない | 最近ではすっかりおなじみになったカーデザイナー兼ユーチューバー、スケッチモンキー氏。これまでにも過去のクルマや現行車などを「

アルファロメオ、ポルシェ、ランボルギーニ・・・。あのブランドはどのグループに属するの?最新情報をまとめてみた

| 驚くべきことに、まだまだ単独メーカーも多く残っている | さて、再編激しい自動車業界。様々なブランドが売買され、たとえばランボルギーニは今に至るまで7回も経営が変わっており、アストンマーティンも7たび経営者が変わって

【動画】どうしても抜けん!ポルシェ911GT2 RSがニュルにて、前を走るランボルギーニ・ウルスに近づくことも抜くこともできない

| ランボルギーニ・ウルスはどうしようもなく速いようだ | 雨のニュルブルクリンクにて、ポルシェ911GT2 RSに乗るドライバーが「ランボルギーニ・ウルスに追いつけもしない」という動画。ポルシェ911GT2 RSはニュ

「世界で最も高価なキッズ用乗用車」、ブガッティ・ベイビー2納車開始。カーボンボディ装着の「ヴィテス」も用意され、価格は330万円から

| 時代を反映してピュアエレクトリック、そして最高速チャレンジ用の「スピードキー」も付属 | ブガッティが、おそらくは「史上もっとも高価な」キッズ用乗用電動車、「ベイビーⅡ(BabyⅡ)」を公開。これは今年のジュネーブ・

少年の頃、父親が乗っていた「アルファロメオ・モントリオール」を、レンダリングにて現代風に蘇らせた男の物語

| ある日、父親がピカピカのモントリオールに乗って帰ってきた | レンダリングアーティスト、ルカ・セラフィニ氏の考えた、アルファロメオ・モントリオール・ヴィジョンGT。アルファロメオはかつて(1970-1977)「モント

【動画】80年代スーパーカーの代名詞、フェラーリ・テスタロッサ。実際はどれだけ馬力が出ているのかシャシダイで計測してみた

| 年式や、当時の常識を考えると、かなり馬力が出ていると言っていい | 先日、フェラーリ・テスタロッサに付属する専用バッグの収納方法を動画にて公開したユーチューバー、「ノーマルガイ・スーパーカー」。テスタロッサはランボル

またまた「世界最速・最強」のレンタカーが登場。「ハーツ」でレーシングチームがカスタムした750馬力のカマロがレンタル可能

| もともとは「アメリカンマッスルを高くて買えない」若者向けの”レンタレーサー”がルーツ | レンタカー会社の「ハーツ」がレンタカー専用となるシボレー・カマロを公開。これはアメリカでは「レンタレーサー」と呼ばれるもので、

アウディ「2025年までに30のエレクトリックモデルを投入する。うち20はピュアエレクトリックカーだ」←あまりに急激な展開にちょっと不安も

| BMWですら2025年でもエレクトリックカーの販売比率がせいぜい20%と予測 | アウディが2025年までにPHEV含むハイブリッドカーを10モデル、そしてピュアエレクトリックカーを20モデル、あわせて30もの電動車

マクラーレンの新型限定スピードスターはこうなる?ぜひこのまま発売して欲しい秀逸なレンダリングが登場

| このカラーリングはなかなか思いつかない | マクラーレンは新しい限定シリーズとして「スピードスター」を発売すると言われていますが、今回そのスピードスターのレンダリングを作成したアーティストが登場。 ただしこのレンダリ

新型BMW5シリーズの内装が初めて目撃に!8シリーズ風のメーターとインフォテイメントシステム、新形状のステアリングホイール装備

| BMW 5シリーズは今でも古臭さを感じないが | 2020年にフェイスリフトを迎えると思われる、BMW 5シリーズ(G30)の新しいインテリアがスパイフォトグラファーによって激写。当然のことながら新型BMW 5シリー

【動画】炎上し廃車となったランボルギーニ・ウラカンにシボレーのV8エンジンを装着しツインターボ化。「1500馬力ウラカン」の制作現場を見てみよう

| タービンは車体に収まりきらず、突出することに | スクラップとして打ち捨てられていたランボルギーニ・ウラカンを買取り、再生を行っている最中のユーチューバー、「B IS FOR BUILD」。これまでの経過途中として、