新型ポルシェ911ターボカブリオレの試作車が走行中。テールランプ両脇には”ターボスペック”のダクトが存在?

| ポルシェが執拗に隠す部分にはきっと「なにか」がある | ここ最近、目撃情報が活発化している新型ポルシェ911ターボ・カブリオレ。今回は「ほぼ」偽装なしのプロトタイプが目撃されており、カモフラージュされているのはフロン

【動画】マツダが新型EVティーザー動画第二弾公開。「フロントマスクは親しみやすく」「ユニークなドア構造を持つ」

| 動画を見るとクーペSUVのようだ | 先日、ティーザー動画第一弾を公開したマツダ初の「EV(電気自動車)」ですが、間を置かずに第二弾となる動画が公開。今回はその外装の一部、シルエットがわかるものの、「なんとなくクロス

新型コルベットとポルシェ911との比較レビュー登場!価格は911の半分なれど、性能はほとんど一緒、しかも乗りやすかった模様

| 新型コルベット(のベースグレード)は意図的に安定志向、快適志向に振られている | Motor Trendが新型シボレー・コルベット(C8)「初」のレビューを公開。※オプションのZ51パッケージ装着済み新型コルベットは

【動画】驚愕!フェラーリ488ピスタがニュルにて7:00を記録し、ポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVに肉薄する

| もちろんマクラーレン720S、メルセデスAMG GT R Proはアッサリと抜くことに | フェラーリ488ピスタが、ニュルブルクリンクにて7:00.3という驚異的なラップタイムを記録。これはフェラーリが公式にチャレ

オメガが最新「007コラボ腕時計」、シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション発表。これまでのボンド限定モデル集大成

| オメガと007映画とのコラボレーションは”ゴールデンアイ”から | 現在007映画とのパートナーシップ契約を結んでいるオメガより、007映画(女王陛下の007から数えて)50周年を記念し、シーマスターの限定モデルを発

米高級百貨店が007仕様のアストンマーティンDBSを1台のみ発売!デザインはダニエル・クレイグ、オメガの限定腕時計、007新作映画のプレミアチケット、車両の製造見学ツアー付き

| 今年のニーマン・マーカス”ファンタージーギフト”は過去最高のものとなりそうだ | 米高級百貨店、ニーマン・マーカスが今年の「ギフトパッケージ」として、特別仕様のアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを販売する、

ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100最新版。フェラーリ488ピスタが驚異のタイムで9位に入り、マクラーレン600LTも上位に。もはや4WD優勢の時代は終焉を迎える

| フェラーリとマクラーレンが公式にニュルを走れば、勢力図が一気に塗り替えられそうだ | さて、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムのランキング「2019年最新版」。ニュルブルクリンクはドイツに位置し、”グリー

これは反則じゃろ・・・。思うようにタイムの出ないテスラが過激エアロのモデルSをニュルに投入。なおカーメディアのテストではタイカンの驚異的な性能が明らかに

| テスト結果を見る限り、テスラ・モデルSがタイカンに勝てるとは思えない | ニュルブルクリンクに挑戦し、ポルシェ・タイカンはもちろん、現在の「ニュル王者」であるランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの記録を破って「市販

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

| トヨタにしては珍しい「パーツの品質不良」 | トヨタ、スバルがリコールと改善対策を届け出。スバルは過電流によって「イグニッションコイルが発熱」するというもので、トヨタの場合は「バックドアのダンパーに問題があってドアを

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? | estoque なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップということですが、これ

縮小続く自動車市場でレクサス好調、なぜレクサスは強いのか?「あのとき、リスクを取ってスピンドルグリルを拡大したからだ」

| 批判はあれども、そのメリットも大きかった | LEXUS LC500 ITメディアにて、レクサスが好調ということ、そしてその理由について考察した記事が公開。これによると、欧州市場では2019年上半期において2年連続で

ポルシェはなぜ最初のEVに「セダン」を選んだのか?スターターボタンの位置、2速ミッションはPDK、EVなのに回生によるワンペダル走行ではないなど「タイカンの秘密」が一挙公開

| しかもエアコンの吹出口にはルーバーがない | ポルシェのオーナー向け機関誌、「クリストフォーラス」にて、タイカンの特集記事が掲載。ポルシェ初となるピュアエレクトリックカー、タイカンは今後のポルシェを占う上でも非常に重

ダイソンがEV事業撤退!「やっぱり電気自動車を作るのは無理でした」。アストン社長が予言した通りの結末に

| EVを作るのはそれほどまでに難しいのか | イギリス政府から多額の援助を受けて電気自動車の開発を薦めていた(掃除機の)ダイソン。このプロジェクト規模は非常に大きく、 ダイソンはアストンマーティンに22年間も務めた購買

【動画】クーペSUV?何それ?巨大でボクシーなボディを持つ新型メルセデス・ベンツ・マイバッハGLSが偽装無しで悠々と路上を走る

| メルセデス・ベンツ・マイバッハGLSは、とにかく豪華な一台になりそうだ | 先日も、ほぼ偽装のないプロトタイプが目撃されたニューモデル「メルセデス・マイバッハGLS」ですが、今回はまた別の個体が2台も目撃に。興味深い

ボルボが地味に「初」のピュアEV、XC40リチャージを公開。外観はXC40のまま、しかし中身は別モノ。ボルボのEVブランドは「リチャージ」名義にて展開予定

| ボルボは2025年までに、販売の50%をEV、残りをハイブリッドにする計画を持っている | ボルボが初の「ピュアエレクトリックカー」、XC40リチャージ(XC40 Recharge)を発表。ボルボは現在、中国の吉利汽

新型日産エクストレイルはジューク似!?ジューク顔でテストされる四代目エクストレイル(ローグ)が目撃される

| まさかジュークがここまでの影響力を持つとは、そのデビュー時にだれも思わなかっただろう | 日産は新型ジュークを発表したところですが、今回はフルモデルチェンジ版となる新型「ローグ(日本ではエクストレイル)」のプロトタイ

14歳の少年がスバル・フォレスターを盗む→パトカーとカーチェイス→無関係のランボルギーニ・ウルスに激突・・・

| 少年の両親は莫大な賠償額を背負うことになりそうだ | オーストラリアにて、14歳の少年がスバル・フォレスターを盗んでパトカーとカーチェイスを繰り広げ、その挙げ句無関係のランボルギーニ・ウルスに突っ込んで事故を起こして