新型ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモが目撃に。発表から2年でフェイスリフトする理由とは?

| パナメーラ・スポーツツーリスモはついこの前発売されたように思えるが | ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモのフェイスリフトモデルと思われるプロトタイプが目撃に。なお、パナメーラ・スポーツツーリスモは二年ほど前に

MINI初のピュアEV、「ミニクーパーSE」発表。フェイクサウンドも装備し「ガソリン車に劣らない楽しさ」←ちょっと方向性がズレてる?

| ガソリン車とメーカー自らが比較するようでは、逸まで経っても「ガソリン車の代替選択肢」でしかない | 先般よりティーザーキャンペーンが開始されていたミニのフルエレクトリックバージョン、「ミニクーパーSE」が正式に発表。

パイクスピークに登場した「EVコンバート」ポルシェ911が話題に。「6気筒エンジン」を「6発モーター」に入れ替え、純正トランスミッションへと入力

| そしてリアフェンダーはとんでもなくワイド | 今年のパイクスピーク・ヒルクライムに「エレクトリック911」が登場したと話題に。「エレクトリック」というと、今年はフォルクスワーゲンが7:57.148を記録して世界を大い

フランスの新興メーカー、プラトが発表したスーパーカー「オラジュ(Orage)」。V8自然吸気エンジンでは世界最高の888馬力を発生

| ベースはシボレー・コルベット。ただし内外装、機関はフルオリジナル | グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、フランスより新たなスーパーカー「プラト・オラジュ(Prato Orage)」が公開。これはフラン

トヨタ86/スバルBRZを「レクサスのスピンドルグリルに」換装するエアロパーツが存在した!オーバーフェンダーもラインアップ

| まさかこんなキットが存在したとは | 先日、Youtubeを見ていたときにふと目に入った「レクサスのスピンドルグリルを装着したトヨタ86」。アメリカ西海岸でのイベントの様子を収めたものだったので、アメリカのチューナー

今度は新型シボレー・コルベットのフロントそして「リアバンパー」がリーク!真偽は不明ながらも、このままではライバルに対して優位性を持てないかも

| 実車発表時のサプライズに期待したい | つい先日、新型シボレー・コルベット(C8)のリアを捉えた画像がリークされましたが、今回は新型コルベットのフロントを撮影した画像が公開に。これはユーチューバー「StreetSpe

トヨタMR2復活の可能性が改めて報じられる。スープラ同様他社との共同開発になるとされるも相手はどこ?ポルシェ、ロータスなど候補を挙げてみた

| ほかにもルノー、アルファロメオとの可能性もゼロではない | 定期的に出てくる、トヨタMR2復活のウワサ。今回はCar and Driverがそのリバイバルを報じていますが、トヨタは新型スープラの発売に確かな手応えを感

25台しか存在しない「普通の」パガーニ・ウアイラが競売に。今見ると新鮮なその仕様を見てみよう。なおオプション総額は4000万円程度

| 一見”地味”に見えるが、そうとうにお金がかかっている | 「普通の」つまりスタンダードなパガーニ・ウアイラがオークションへと登場予定。パガーニ・ウアイラ(クーペ)は100台のみが生産されていますが、そのうちスタンダー

フェラーリ含むスーパーカーが今後生き残るには「乗り越えねばならない壁」が2つある?それは何なのか見てみよう

| どちらもフェラーリの本質的価値に影響しかねない | 東洋経済にて、「フェラーリが乗り越えるべき2つのハードル」という記事が掲載に。 記事内では様々な規制や社会情勢の変化において、スーパーカーも大きく変わる必要があり、

ジェレミー・クラークソンはこんなクルマに乗っている。ハイパワーで大きなクルマ、そしてエボリューションモデルが好きなようだ

| 最近だと「グランドツアー」の企画で乗ったアルファロメオGTV6を購入している | 前トップギア、現在はグランドツアーのパーソナリティ、ジェレミー・クラークソン。「パワーがすべてを解決する」と声高らかに宣言し、ハイパワ

【動画】今度のガレージは本当にスゴい。「ポルシェの間」「フェラーリの間」、さらにはフェラーリのシミュレーターまで

| 個人でここまで揃えた例はまだ見たことがない | これまで何度も驚愕の個人ガレージを紹介してきましたが、今回もまた驚きのガレージが登場。 このガレージを紹介するのはユーチューバーのサロモン氏。サロモン氏自身もスーパーカ

デ・トマソP72のデザインはフェラーリP4/5のパクリ?”ワンオフモデル”P4/5とは何なのか、オーダーしたのは誰なのかを解説してみる

| この類似性は正直なところ、言い逃れできないだろう | 先日デ・トマソはブランニューモデル「P72」を発表し、大いなる喝采を浴びたところ。しかし今回、これに対してジェームズ・グリッケンハウス氏が「我々のフェラーリP4/